クリーブランドFed:モーゲージ借用者たちはレバレージ解消している

投稿者: whitegru3

Mortgage Borrowers Deleverage

最新のリセッション前の住宅バブルは多くの借用者たちに、リセッションがやってきた時にレバレージをやりすぎを残した。理事会によると、2000年3月から2007年9月まで、住宅保有者モーゲージ負担レシオ、これは可処分所得に対し残高のモーゲージ支払いの割合を測定したものでこれが8.6%から11.3%上昇した。しかし最新のビジネス周期のピークの2007年から、消費者は自己のバランスシートのレバレージ解消をし初めている。この傾向は住宅市場に証拠が見られ、消費者たちはより多くの住宅購入を現金で資金調達することによってモーゲージへのリスク残高を減らしてきている、そしてローンと価値レシオそれとモーゲージ負債の償還の両方を削減している。

https://i1.wp.com/www.clevelandfed.org/research/trends/2010/1210/01finmar-1.gif

9月の月は、現金が住宅購入のための一番の資金調達資源であった。11月9日版のInside Mortgage Financeによると、これには一番直近のCampbell/Inside Mortgage Finance Monthly Survey of Real Estate Market Conditionsが含まれ、30.5%の住宅購入が現金で資金調達され、これは1月の24.4%から上昇。Campbell/Inside Mortgage Finance surveyは他の資金調達に比べて現金での住宅購入が増えているのは市場で不良物件の数が増加している事と初めての住宅購入の数が減少していることが要因となっているようだ。不良物件は現金で購入される可能性が高いのはそれらがより低い価値評価で資金融資がそれほど必要がないからである、そして初めての住宅購入者たちは住宅を購入するために融資なしでは手元に十分な現金を保持していない。9月の月に、REO(差し押さえ)とショート・セールの取引が購入の47.5%を占めていた。追加で始めての住宅購入者は住宅購入者税金控除の期限が切れてから減少した。9月に、初めて住宅購入をした割合は全体の34.4%で6月の42.4%から減少した。

 

https://i2.wp.com/www.clevelandfed.org/research/trends/2010/1210/01finmar-2.gif

消費者たちは借金の金額を削減することモーゲージローンの償還をた減らすことの両方でレバレージ解消をすることができてきた。ローンと価格レシオはピーク時から着実に下落してきた、中古住宅で680Bps下落し新築住宅で520Bps下落した。その上、消費者たちはモーゲージローンへのリスクをその負債の償還を短縮する事によって削減した。2007年6月に、すべてのローンの償還期間は29.5年間に近かった;しかし9月にそのすべてのローンの償還期間は27.6年間に近くなった。

https://i1.wp.com/www.clevelandfed.org/research/trends/2010/1210/01finmar-3.gif

借用者たちは直近のリセッションに対してモーゲージローンへのリスク残高を減らすことで応答した。2007年にリセッションが始まってから、モーゲージ負担レシオ11・3%は97Bps下落し10.3%となった。それでもモーゲージは2000年と比べ今日は住宅保有者の負債の中でまだ大きな割合を占め、もし借用者たちが継続してレバレージを解消するなら、将来にはより管理ができる借金の水準を取得することができるだだろう。

広告