1月2日からの週

投稿者: whitegru3

この週の重要な指標は12月雇用統計が金曜日に発表される。その他の重要な指標は月曜日に全米購買部協会ISM、火曜日の自動車販売台数、と水曜日に非製造業ISMがある。

—– Monday, 1月3日 —–

10:00AM 12月ISM製造業指数、コンセンサスは11月の56.6から57.2へ上昇。

10:00AM  11月建築業支出、コンセンサスは0.2%増。

—– Tuesday,1月4日 —–

10:00AM 11月製造業出荷、在庫、受注、コンセンサスは0.2%減

2:00PM FOMC議事録(12月14日2010年の分)

1日を通じて12月自動車販売を発表する、軽乗用車11月の12.2Mlnから12.3Mlnhe増加が予測される。

正しければ、今回が2008年9月以来の最高水準となるだろう。(2009年8月のCash for Clunkersの時は除く)

Edmunds.comによると

12月の季節調整済み年率は11月の12.21Mlnから12.34Mlnへの増加予測される。

—– Wednesday, 1月5日 —–

7:00AM モーゲージ・バンカーズ・協会(MBA)は過去2週間分のモーゲージ購買申請件数が発表される。この指標は過去数ヶ月で若干改善されただけである、これからも2011年初旬の住宅販売は弱いものと見受けられる。さらに借り換え活動はモーゲージレートが上昇して過去数週間に急落した。

8:15AM 12月ADP雇用レポート、コンセンサスは11月の9万3千人から12月には10万人への増加が予測されている。

10:00AM 12月ISM非製造業インデックス、コンセンサスは11月の55.0から若干の上昇55.5が予測されている。

—– Thursday, 1月6日 —–

8:30AM 新規失業保険申請件数、過去数ヶ月間でこの件数は減少傾向にある、コンセンサスは先週の38万8千件から40万件に増加。

—– Friday, 1月7日 —–

8:30AM 12月雇用統計、コンセンサスは12月非農業部門雇用者数は11月の失望的な3万9千人増加から14万人の増加が予測されている。下のグラフは月次純雇用者数変化(一時的国勢調査労働者分は除いてある)失業率のコンセンサスは11月の9.8%から9.7%へ下落である。

9:30AM Fed議長Bernankeが“The Economic Outlook and Monetary and Fiscal Policy”の課題で上院の予算委員会で証言をする。


広告