Fed議長は支持者を持つことになるだろう

投稿者: whitegru3

Fed Chief Gets a Likely Backer

Narayana Kocherlakota総裁は今月末にFOMC会議での投票で最初の機会が試される、そして勤勉な元大学教諭はFRBの賛否両論の$600Blnの債券購入プログラムを支持すると思われる。

「委員会からの反対のハードルはかなり高くなるだろう」と47歳のKocherlakota氏は先週のインタビューで言っていた。

コチェラコタ氏は、1年前にミネアポリス連銀の総裁になったばかりで、彼は量的緩和プログラム実施についてはためらいがあったと認識されていた。しかし彼はマネタリー政策の金利引き上げにはこの先すぐにするよう押してもいない。

コチェラコタ総裁は、ここ週間で経済に対してより楽観的に見てくるようになったと言った。そして雇用市場は、他のFRBの高官が思っているような余分な労働者で満員ではないと見る。

11月に債券購入プログラムが開始されてからFRBの中での分裂において正式な反対の疑問が重要である。反対票はFRB議長にとってこのプログラムを続行するか経済が弱くなったらこのプラグラムをかくちょうするのに難しくなる。

FRBの政策委員会、FOMCはワシントンのFRB総裁で構成され、全員の席が7-そして12地区連銀。この地区連銀総裁の5人のみが投票でき、NY 連銀と他の4人が年度にローテーションを組む。

今年の投票メンバーの2人-フィラデルフィア連銀総裁Charles Plosserとダラス連銀総裁Richard Fisherが反対票の可能性がある。、これは彼らの過去の動向に基ずいてである。3人目の反対者が出ると大きな反乱と見られる、これは1980年代に元Reagan大統領によって任命されたPaul Volcker元FRB議長以来の事件となる。

「私はこの委員会がうまく進んでほしい」コチェラコタ総裁は言う。

2009年10月に元ミネアポリスFed総裁Gary Sternの後任以来ゆっくりと内気だったが積極的に参加するようになって来ている。これはリサーチに強い興味を示し、定期的にミネアポリス大学区とミネアポリスFed提携のセミナーに参加してしている。

「彼は頭はいいが経済についての実用面とマネタリー政策で比較的新人である」とJP MorganのエコノミストMichael Feroli氏は言う。「実地学習で彼が取得した考えが目に見えるようだ」

コチェラコタ総裁はボルチモア生まれでマニトバ州Winnipegで育てられプリンストン大学に15歳で入学し、そんなに若くして大学に入ることを尋ねると、理論家である彼は反事実的なことをするのは難しいと答えた。

彼はミネソタ大学で、スタンフォード大学、アイオワ大学、NorthWestern大学でたびたび抽象経済理論派として22年間費やした。

彼の8月の断言で、FRBの行動は全米雇用問題の少なくても一部でも影響はされないかもしれないと言ったことが、プリンストン大学のエコノミストでNY TimesのコラムニストのPaul Krugman氏によって反感をかった。

「FRBは建築業労働者を製造業労働者に変える手段は持っていない」とコチェラコタ総裁は言った。Krugman氏はその議論は行動を起こさない欠陥なる口実のように感じられた。

コチェラコタ総裁はこの議論は彼とその他が呼んでいる「構造的失業」の分析が解決していないとして受け入れた。しかし彼は「わたしはスピーチの中で構造的失業の水準が行動を起こさない主張として使ったことは言わない」

最初からずっと、彼は量的緩和をする欠点は小さいと感じていたがそれでも利点も小さいと思っていた。彼の同僚は

続く

 

 

広告