商品価格の上昇がコアに浸透するのだろうか?

投稿者: whitegru3

商品価格の急騰が、

エコノミストたちはインフレの急上昇に火をつけるのだろうかと
議論する、穏やかな米国経済の回復の新たな妨害又は両方の有害な組み合わせとなる
のだろうか。

今のところは、多くのフォーキャスターは米国は他の経済を苦しめている嵐には持ち
こたえられると自信を持っている。米国は穏やかな経済回復のペースで前に進んでい
くと信じている、インフレはほんのわずかの上昇で。この観測は政策立案者と共通
で、積極的な債券の購入の運動に前向きに押していて、インフレをやや高めに促進さ
せ失業率を下げる試みをしている。

それでも、心配する要因はたくさんある。Credit
Suisseの直近のリサーチによると、「現時点の共通のグローバル不安は商品価格イン
フレーションである。という」

商品、エネルギー、原材料コストの上昇はいくつかの領域で問題である。それらはコ
アインフレに浸透する可能性があり、基盤の価格トレンドを引き上げる。商品価格を
基にする上昇は経済成長の妨げとなり、なぜなら多くの企業は、エネルギーのような
コストは避けられない。そこで支払われた資金は他の物に支払わることができない、
よって原油のようなものの高いコストは(月曜日にブレント油先物価格が1バレルあた
り$100を超えてきた)自動車又は家電のような物に有効なより少ない消費力となる。

いくつかの最近の米国製造業のレポートには、工場主がしばらくの間高いコストに押
し込められている。そして工場主以外にも影響が出ている。月曜日の朝に発表された
シカゴ購買部協会景況指数は、製造業とサービス業に統計を取り、総合活動の拡大を
見せ企業が原材料に支払う価格が2008年7月以来の広範囲の上昇となった。

原油価格の急上昇は特に不安である。カリフォルニア大学サンディエゴのエコノミス
トJames Hamilton氏は『すべてのリセッションは原油価格の上昇によって先行され
る、そしてすべての原油市場の混乱は経済リセッションによって続いた。』

これまでの経済回復で見られた穏やかなペースの成長と一般世帯と企業が借金を減ら
そうとする継続する過程において、全米では現在は原油ショックにより傷つきやすい
と見られている。そしてエジプトでの暴動のワイルド・カードで、予想外の供給
ショックの可能性が増える。

これまでは、FRBは心配しているようには思われない。たとえ高官たちが先週のFOMCの
政策声明の中で何が起こっているか認識していても。ここまでで、政策立案者たちは
これらの上昇は、経済が成長が改善されていくために支払う物と見ている傾向があ
る。

経済成長の拡大は需要を促進し商品価格を引き上げる、そして特に活気のある新興市
場の成長がこの普通の過程を増幅している。FRBの高官たちは、これらの価格はインフ
レーションの基盤になるレートを押し上げるには至らないと見ている。

月曜日のスピーチで、アトランタFRB総裁Dennis Lockhartは『インフレへの不安は上
昇している、なぜならガソリン価格の上昇と高い商品価格、食品商品価格を含む』
『高い投入価格を負担するビジネスは消費者価格に受け渡そうとしていると聞く』

そしてそれでも、『高い投入価格コストは広い範囲に渡る消費者商品とサービスのイ
ンフレーションに変換されていないが』Lockhart総裁は2012年まではインフレは穏や
かな上昇しか予想していない。

FRBの従来のインフレの評価がLockhartがその見通しを持っているのか見せている。月
曜日に、政府は中央銀行がお気に入りの価格計測、コア個人消費支出価格インデック
ス(コアPCI;食品とエネルギーコストを除く)は12月に前年比で0.7%上昇した。こ
れは11月には0.8%上昇していた。

FRB政策立案者たちは、コア価格が基盤のインフレーションの傾向をより良い記録をす
る。価格圧力のこの弱さが、中央銀行が積極的な戦略で経済成長を促進している主要
な理由である。

Credit Suisseは商品価格の話は米国では比較的無害であると予測する、たとえ政府と
新興市場での中央銀行がこの問題に苦労しているといても。『冬から春に変わるにつ
れすべてのエネルギー価格は低下し、ヘッドラインのインフレとマネタリー経済成長
について不安と緊張のほとんどを和らげる。

もしCredit Suisseが正しければ、それが米国での重要なリスク要因を和らげるだろ
う。その間、企業は巨額の収益マージンと高い生産性に頼り投入価格の上昇を受け渡
す意欲を和らげるかもしれない。しかしもし企業がこの道を通らなければ、FRBは行き
つまり緩和政策の治療のない環境に面する。

広告