どれだけの人数の人が1月には悪天候で影響されたか?

投稿者: whitegru3

1月初旬の大雪は明らかに1月の労働市場に悪影響を及ぼし、先月の雇用成長の弱さの要因となった。しかしどれだけの人数の違いがでたかを想定するにはほとんど不可能である。

金曜日の雇用統計には天候で、建築業で前2ヶ月と比べかなりの大幅3万2千人が減少したと指摘した。更に大雪は輸送関連、倉庫などの雇用3万8千人減少した要因ともなったかもしれない。しかし労働統計局はその減少のいくらかは宅配便業者とメッセンジャーのサブグループが12月に異例な大幅増加後1月には4万5千人下落した見返りが要因であると考えていた。その間、テンプは12月に3万8千人以上の増加した後1月に1万1千人減少した。(これは2010年で1ヶ月平均2万5千人増加)

雇用主が1週間すべて仕事ができなかったという程度までだけで天候は、要因になっていたかもしれない。労働統計局の説明:雇用統計予想はその月の12日を含む統計期間から引き出される。もし雇用主がその給与期間全体で仕事ができなかったら悪天候は雇用統計の数字を押し下げることになるだろう-この結果その期間に給与が支払われなかった。雇用統計のすべての雇用者のおよそ半分は1週間ごとに給与が支払われる。その期間で給与がたとえ1時間でも支払われた労働者は雇用として数えられる。

そしてたとえ天候が雇用減少のいくらかの原因になっていたとしても、他で雇用増加の可能性がある。「悪天候のためにその給与期間に支払われなかった人が何人かいるかもしれないが、その他で悪天候での清掃と修繕に取り組んでいた人たちは給与に加えられていたかもしれない。」と労働統計局は言う。

別の一般世帯の統計では天候が強い証拠として問題にとりくんでいた。およそ88万6千人が1月のある時点で悪天候のため仕事ができなかったという、この月の平均の2倍以上である。これらの人々は雇用として数えられたが、その大きさが天候がどれだけ全米雇用背景に影響したかの役に立つ代用となる。

もし天候が雇用統計の数字を押し下げたなら、月次の雇用統計はかなり強い数字であろう。昨年の2月に、背あわせの大雪で雇用統計の週1週間仕事ができなかった。この結果雇用統計期間でこれらの人たちは大雪で給与が支払われず雇用として数えらられなかった。これにより2月は弱い雇用統計の数字が発表され、民間セクターの雇用は2万1千人の減少となった。これは強い3月の14万4千人の増加によって続いた。(一部は2月からの見返りだったかもしれない)

広告