金には良い話?Weber,ECBのタカ派はやめるかもしれない。

投稿者: whitegru3

WSJによると、ECBのすごくタカ派のAxel Weber氏が現在のECB議長Jean-Claude Trichetの後任としての出馬することをやめるかもしれないと報道している。Trichet議長の任期は10月に終了する。

Weber氏は、ドイツBundesbankの所長、金融システムと経済を強化させることを助けるためにECBによって取られた特別の対策のいくつかを大きく批判した。多くは、彼がドイツ式をECBに取り入れてくるだろうと信じていた、ほとんど他のすべてを除いてインフレの議題に熱心に集中する。

インフレがECBの2%のターゲットを上回っている事で、これは金利引き上げが意外に早く起こるという意味合いである。この考えが直近のユーロ通貨の堅調さを補強している。

Weber氏のこの場面からの可能性ある脱出のニュースがユーロを大きく下げたが、それは高官たちがWeber氏の脱出にまつわるうわさが否定されユーロが回復した。金は3週間高値近くに止まっている。

もしWeber氏がやめることになると、予想は、よりフランス式議長がECBを仕切ることになる。ということはインフレと金利への取り組みがよりやわらかくなるだろうと見ている。

そして中央銀行がよりやわらかくなると、金価格は急上昇する傾向がある。

広告