金利先物レポート:ギリシャの投票後見通しが分離する

投稿者: whitegru3

水曜日にトレーダーたちは短期間には主要金利は低く止まるとポジションを置き、その反対に今から2年後に経済状況が改善し金利は上昇していくと警戒深く賭けを置いた。

市場の分かれた動きはほとんどがギリシャによって引き起こされた、それが欧州圏の火種で1年以上も財政困難で金融市場慌てふためかせた。水曜日にその国の官僚たちが持続している負債問題に取り組むために大規模な政策に承諾することに投票した。5年計画の承諾は投資家からは広く予測されていたが、もし主要インターバンク貸付レートが2012年末に上昇し始めると、払い戻される長期先物への売りの勢い増した。

LIBORのような主要金利は政府の援助の努力でクレジットを有効にする準備がされ低く保たれて来て、グローバル経済回復がしっかりした基盤の固めてきた。環境が良くなってくれば、金利はより自由に上昇してくると見られている。

しかし、短期間ではトレーダーたちは水曜日にほとんど変化がないと予測し、米国FFレートの変更予測に関連する先物は、中央銀行が今から1年間のFOMC会議でFFレートを0.5%に引き上げる確立を火曜日の40%から34%に削減した。

ユーロダラー先物は、期近物は買われ投資家がLIBORはこの先1年間は低い水準に保たれると見ていた。その反対に期先物は売られおよそ18ヶ月でLIBORが急上昇すると見ている。

ギリシャの財政問題を修正することで前向きに踏み出したことがこの国の問題が欧州圏の銀行間での貸し渋り問題を引き起こすという不安を和らげる助けとなった。

「流動性懸念は欧州で和らぎインターバンク市場でのドルCash価格へのよりやわらかい姿勢となった。」

長期債の先物はかなり安く引けた、ギリシャの緊縮政策が投資家たちに安全なポジションから抜け出す助けとなった。それと$29Blnの7年債Treasury入札が弱い需要を指摘した。

9月限10年債先物はおよそ1/2ポイント安で引け、9月30日の先物取引最終日にCash換算で3.125%を下回る水準を予測していた。30年債先物は3/4ポイント近くの下落となった。

Treasury先物には利食い売りが水曜日には目立っていた、それもTreasury価格の上昇の賭けが居心地良くなりすぎてきたからでもある。みんなが株式市場に対して悲観的になりすぎ、トレードの巻き戻しが少し見られている。

CONTRACT              SETTLE         CHANGE 

   Jly '11 Fed Funds    99.90         Unchanged 
   Nov '11 Fed Funds    99.835        Unchanged 
   Jan '12 Fed Funds    99.81         Up 0.5 basis point * 
   May '12 Fed Funds    99.715        Up 1.5 basis points 
   Jul '12 Fed Funds    99.66         Up 1 basis point 
   Sep '11 Eurodollars  99.635        Up 3.5 basis points 
   Dec '11 Eurodollars  99.545        Up 5 basis points 
   Mar '12 Eurodollars  99.47         Up 5 basis points 
   Jun '12 Eurodollars  98.345        Up 4 basis points 
   Sep '12 Eurodollars  99.155        Up 1.5 basis points 
   Dec '12 Eurodollars  98.925        Dn 1.5 basis points 
   Dec '13 Eurodollars  97.975        Dn 9 basis points 
   Sep 10-Year Notes    122-27        Dn 15+/32 
   Sep Classic bonds    123-18        Dn 21/32 

   * A basis point is equivalent to 1/100th of a percentage point.

 

広告