Cash for Clunkers(ポンコツ車に現金)の売り上げはデトロイト(アメ車)で失望

Financial Timesから:

Cash for Clunkers制度下でのGMとクライスラーの自動車売り上げは直近の市場シェアを大きく下回った。と今週初めに終了したこの制度の政府の最終要約による。

直近の破たん会社再構成から2社はチャレンジになることが強調され、運輸省は、このプログラム全体で売られた690,000台の内GMモデルは17.6%でクライスラーは6.6%となった。

その反面、2009年最初の7ヶ月のGMの市場シェアは19.6%でクライスラーが9.6%であったと市場リサーチ会社Autodataは言う。

トヨタがこの補助金で一番恩恵を受け市場の19.4%シェアを勝ち取り、クライスラーは7位で日産とヒュンダイの次となった。

autocompany.comのウェブサイトのアナリストErich Merkle氏は、『Cash for Clunkersのプログラムになしでもクライスラーは市場シェアを失ってきていた、そして市場シェアをこれからも失っていくだろう。』

GMとクライスラーはこのプログラムで人気のある小型のモデルの種類が比較的少なかった。

トヨタ・カムリの中型セダン型自動車とFordのEscape(SUV)を除くと、上位人気10位は小型車が占めていた。GMとクライスラーは更にディラーに通常の異なった種類と選択の在庫を置いておく事が困難であった、それは破たん過程でほとんどの北米のオペレーションを閉鎖していることもあって。

Merkle氏は需要はより一般のパターンに戻ることだろうと予測する。『消費者はある水準の実用性と燃料効率のバランスが’取れた乗り物を探している。』クロスオーバー、EscapeやGMの新車Chevrolet Equinoxなどが一番人気となることでしょう。

Escape

2009 Ford Escape

GM’s new Chevrolet Equinox

new-2010-chevrolet-equinox

しかし、プログラムが終了し自動車売り上げはかなり大幅減少するだろうという兆候が出ている。

オンライン自動車価格サービスEdmunds.comのCEO Jeremy AnwylはこのCash for Clunkersのプログラムが業界にメリットを与える意味で売り上げを4週間ゆがませた。これからはその見返りが出てくる。

Edmundsは、ウェブサイトを訪ねた使用者の数で『購入意向』の推測をするとCash for Clunkersのプログラムが始まる6月の平均を11%下回っている。

数多くのCash for Clunkersプログラム参加購入者たちはすでに新たな多額の自動車ローンの支払いをながめ後悔しているとオレゴン・ベースの市場リサーチしゃCNWが統計を出している。

その支払いが『新車購入前に予測していたより家族の総合予算により逆影響となる。

広告