G-20はよりきつい銀行資本規制、ボーナスの制限に承諾することに同意

Wall Street Journalから:

世界の20最大経済のグループの財務高官たちが土曜日にどの銀行がより高い資本規制に当てはまるかについての銀行資本規制のグローバルの骨組みに承諾した。

骨組みは、グローバル経済がいったんリセッションから抜け出した時点でのレバレージ制限を含んでいる。それに加え、可能性ある損失に対してのクッションとなる銀行が強制的に保持しなければいけなくなるより品質の高い資本であるTier 1資本のよりきつい定義も含んでいる。

骨組みは、今週の最初に全ての大手銀行に対してよりきつめの資本規制を呼びかけた米財務長官Timothy Geithnerの勝利の表現となった。

もう一つの妥協で、財務大臣と中銀の幹部たちは銀行員たちに対するボーナス支払いのガイドラインにも承諾したが、それらには個人に支払われる上限のキャップは含まれていなかった。

しかしG20はFinancial Stability Board(国債規制グループ)にボーナスの上限が必要であるか考慮するように尋ねた。

FSBは同様に新しい資本規制の細かい提案出す役目がある。

G20 諸国は同時に2010年3月から非課税地域への制裁を課すことに承諾した。税金情報を共用する国際基準に見合わない管轄ではIMF,世界銀行のような国際金融機関から資金を取り上げられるかもしれない、そしてG20 政府からの援助からも剥奪される可能性がある。

広告