Goldmanは優先顧客にトレーディングの内密情報を早めに渡している

WSJから:

毎週Goldmanのアナリストたちは社内の人間をを集めて”Trading Huddle” (トレーディング相談)を開く。しかしGoldmanの’リサーチレポートを受け取っている何千もの顧客のほとんどがこの推奨については聞くことができない。

ミティングではGoldmanのアナリストたちが決算発表、全体の市場の方向、又はその他短期相場状況により株価が上がるか下がるかを見分ける。いくつかの推奨はGoldmanが通常発表している格付けとは異なるものがある。幾人かのGoldmanのプロップ・トレーダーもこのミーティングに参加する。

批評者たちはGoldmanがこのトレーディング・アイデアを自分たちにのトレーダーと主要顧客だけに流していることでこの情報を受けていない他の顧客を被害を与えると言うことにに批判する。

この”Trading Huddle”は2年前に始まってから、Goldmanは何百もの株のトレーディング・アイデアを自社のトレーダーと主要顧客に渡してきた。とWSJが内部の書類調査でわかっている。

Goldmanはこの行為に対してただ単にマーケット・カラーを与えているだけでこれは長期投資家に対して短期トレディングに集中する顧客にサービスしているだけであると弁護している。今では平均NYSE株の保有期間は1年以下である。

Goldmanは2007年に”Trading Huddle”を始めた時に競争相手から一歩先に踏み出すことを目的としていた。その年に、GoldmanはInstitutional Investor magazineの年間ベスト株式アナリストのリストで9位、これは大手機関投資家によって選択される。昨年は8位であった。

“Trading Huddle”はGoldmanのリサーチデパートメントに新しいボスが就任した時期に熱心に始まった。Strongin氏。彼は1994年にFederal Reserve Bank, Chicagoからやってきて、そこではマネタリー政策リサーチ所長を務めていた。Goldmanではかれは商品リサーチのオペレーションをまとめ、それから全体のリサーチ部門のCo-Chiefとなり、2007年4月にこの”Trading Huddle”のまとめ役となる。

コンプライアンス・オフィサー(監視指導員)はこの会議にいつも参加する。とGoldmanは言っている。リサーチアナリストは彼らがこの会議でどの言語を使用するか指導してくれている。”Buy” とか”Sell”などの言葉は避けられ、”Run Up”、”Give Back”、”Oversold”などの言葉を使うよう勧められていると言う。WSJが最初に調査した”Trading Huddle”の内密情報では”Buy”又は”Sell”が使われていたようだが、今ではそれらは”Up”又は”Down”のように言い変えられている。

他の企業はより保守的:

少なくとも一つの競争相手はトレーディング内密情報をより広範囲に発表している。Morgan Stanleyのリサーチデパートメントでは何千もの顧客に異なった株式の短期見通しをE-mailで総攻撃する。そして情報はウェブサイトに掲示。顧客に繰り返して情報を連絡することはしない。

株式内密情報:

P1-AR262A_GOLDM_NS_20090823185024

広告