Joseph Stiglitzは景気回復の維持に疑問

Bloombergから:

ノーベル賞受賞エコノミストJoseph Stiglitz氏は、米国経済は1930年以来最悪のリセッションから脱出した後かなりの高い可能性で経済の収縮に面するかもしれないと言った。

Stiglitz氏はここから数ヶ月の内に世界最大の経済の2つの可能性あるシナリオとして、一つは『沈滞』の期間で、『消費が怠り、民間の投資の加速が遅くなる。もう一つは政府刺激策により改善した後に突然の下降-エコノミストたちはこれを”W-シェイプの回復”と呼ぶ。

『かなりの可能性でW-シェイプの回復がある。しかし逃れられないとは思わない。』と彼は言う。景気は底に沿って回復する可能性がある。過去の年の危機にはゆるい規制によりいくつかの金融企業が大きくなり過ぎシステムがそれらの破綻をさせる余裕がなくなってしまった。

『われわれはかなりの大きい刺激策があった、そしてその刺激策が経済成長を上昇させ現在の四半期に加えられることだろう。』『しかし、2011年に向かっての問題は、刺激策の効果が薄れ、それがマイナスとなる。』

『ほとんどの四半期で、$システムから離れるべきである感触がある。問題はそれを規制が取れた順序でするのか、それとも無秩序状態になるのかである。』『財政赤字の規模とFedのバランス・シートの規模はそれが成されなければいけない意欲と不安が高まった。』

ベルリンの壁とLehman Brothersの崩壊との間に短い期間の米国勝利主義があった。そこで米国がグローバル場面を征服した。その時期は終わった。』とStiglitz氏は言う。