Lehmanの株が急騰している

Financial Timesから:

Lehmanが破たん申請をしてからおよそ1年がたつ。Lehman Brothersの株価が取引高の急増に伴って急騰している。

他の破たんした企業-株価は通常ゼロに近いのは株式投資家は全ての債権者が支払われてからだけ報酬を受けるからであるが-過去数日間にそれらの会社の取引が逆上している。

『人々は昨年多額の金をそんして損した分を取り戻そうと必死で、何にでも投資する意欲がある。』とCRC Financials Opportunityのポートフォリオ・マネジャーのBrad Golding氏は言う。『誰もが宝くじの券がほしがっている。』

昨年9月にLehmanが崩壊した後、Barclays Bankと野村がLehmanのビジネスのかなりの割合を買収した。それがまだ残っているその持ち株会社に何十億$ものまだ巻き戻される不良資産とデリバティブを残した。

Lehmanの株価はここ1年間のほとんどを5㌣以下で取引されていた後先週に32㌣でピークをつけた。今年の8月にLehman株が反発し始めた時、取り引きの出来高は今年初めにほとんど取引がなかったが1日で1億を超えた。Lehman株は先週金曜日に取引高1100万株を越え14㌣で引けた。

Washington MutualとIndyMacの株価、2つの金融破たん会社もここ数日で急増している。

トレーダー曰く、LehmanとWaMuは現金より借金の方が多い、と言うことは両社は資産価値がなく、これらの株式を購入することは絶望的な動機である。

『それはチューリップ・マニアである。』とGolding氏は言う。『人々は株価が何もないことを基盤に何か価値があると決めている。事実は全く正反対である。』

上場廃止された破たんした企業の株を取引することは私的な場で生じる。登録された取引所ではなく店頭取引でされる。破たん会社の株価の急騰は回収可能価値の投機に反映しているものが多くない。

Lehman株の反発は昨年に米国政府によって乗っ取られたFannie MaeとFreddie Macの株価の爆発的な上昇に続いた。AIGの株価と程度の差はあるが、2つの企業は米国政府のかなりの所有権を持っていて、ここ数週間に急上昇している。

広告