Manpower:採用計画は過去最低

MarketWatchから:

1962年Manpower Employment Outlook Survey(雇用見通し統計)が開始されてからの歴史の中でこれから来る第4四半期の雇用主採用計画は最低水準に達した。

ネットで-3%(マイナス3%)の雇用主が第4四半期での採用を計画中これは季節調節済みの第3四半期-2%から下落した。今年前までの過去の最低値は1982年の第3四半期でネット1%の採用の計画であった。

1年前は、季節調整済みでネット9%の企業が第4四半期は採用計画をしていた。Manpowerの調査は職の数は数えない。統計の誤差はプラス・マイナス0.49%である。

そしてたった一つのセクターで採用計画がネットでプラスになっているのが金融サービスである。政府の一部の機関になっている強みだが皮肉なことに、政府部門は採用でマイナスである。

業種ごとの、第4四半期雇用見通しの数字で、季節調整済み、悪い業種順に並べてあります。

建築:-10%(第3四半期:-3%)

鉱業:-9%(-9%)

輸送/電力:-9%(-3%)

政府:-8%(-4%)

製造業、耐久財:-8%(-6%)

インフォーメーション:-5%(-4%)

製造業、非耐久財:-3%(0%)

他のサービス:-1%(0%)

金融:1%(2%)

広告