シカゴ便

金利先物レポート:インプライド利回りが活気強い経済見通しで急騰

火曜日に米国金利先物のほとんどの価格が急落した、市場では景気は現在の困難な状況から再び次第に回復してくるという考えで金利上昇を予測する。

火曜日の動向では市場のセンチメントにかなりの変化が見られた。FF先物トレーダーたちは再びFRBが来年の中旬にFFレートを引き上げ始めるかもしれないと信じ始めてきている。

経済成長の改善に伴ってくるのがインフレの見通しで、米国債のような確定利付き資産の価値を下げるという不安が出てくる。

投資家たちは更に、ギリシャの官僚たちが歳出の大規模な削減に承諾するだろうということに楽観的に見ている、それでも一般市民たちは議論の多い緊縮政策に対しての反対運動で集まっていた。

予算削減と増税の議会可決はギリシャを債券のデフォルトから防ぎ財政援助に関する制限を解くことになる。そうしなければインターバンク間での貸し渋りを引き起こすかもしれない。

火曜日の午後に、ダラスFRBのRichard Fisher総裁、頻繁にFRBの刺激マネタリー政策の批判をする、は今年の下半期での力強い経済見通しを提供していた。Fisher総裁は経済成長は4%に達する、今年の最初の四半期に見られた1.9%の数字よりはかなり高くなる。

同時に、投資家たちは月曜日に発表されたデータにインフレの圧力が見られていたことに注目していた。ヘッドラインのPCEは5月に年率で2.5%も急上昇していた。コアPCEは5月に4月の前年比1.1%から1.2%の上昇になった。

「インフレ懸念が出てくると、FRBはFFレートを引き上げなければいけない。」

FOMCは2008年12月からFFレートを0~0.25%内に保ってきた。

市場観測者によると、FRBの最初の利上げは2012年春に起きるという人もいる。これからそのストラテジーとして2012年5月限FF先物を売っていた。

2012年5月限FF先物は、2012年4月末のFOMC会議の市場期待を測定、火曜日の引けにFOMCが0.5%の利上げをする確立を20%織り込んでいた。月曜日の引けには4月末での金利引き締めの確立はゼロだった。

期先2012年7月限FF先物-2012年6月末のFOMC会議の市場期待測定は0.5%の確立を40%織り込んでいた、これは月曜日の引けの20%と金曜日の引けの6%から上昇していた。木曜日の日中の水準では2012年7月限FF先物は来年の中旬の利上げ確立はゼロだった。

火曜日の期先ユーロダラー先物の急落により短期金利は来年から上昇し始める見通し物語っていた。2012年セクターは最高で12.5Bps安、2013年セクターは最高17.5Bps安で火曜日は引けた。

ユーロダラー先物1年カレンダースプレッドは火曜日には拡大し、トレーダーたちは短期金利がより速いぺーすで上昇してくと見ている。2012年12月限ユーロダラー先物は火曜日に2011年12月限ユーロダラー先物に比べ56Bps上回っていて、このスプレッドは月曜日の引けに43.5Bpsで金曜日の引けは36.5Bpsだった。

火曜日にECB議長Jean Claude Trichetからのコメントが更に現時のセンチメントに勢いを加えた。近い将来の金利引き上げはECBの7月7日の会議で実施されるような合図を送っていた。Trichet総裁はインフレの”strong vigilance mode”(強い警戒モード)を繰り返して言っていた。

「ECBの利上げは米国の金利に若干圧力を加える」

インフレの不安と株式市場の急反発が長期Treasury先物の価格を大きく下げた、弱い$35Blnの5年債入札結果の需要も先物価格にかなりの重荷となった。

9月限10年債先物は2週間ぶりの安値に下落し、1ポイント以上の下げとなり10年債インプライドレートでは3%を超えた。

CONTRACT              SETTLE        CHANGE 

   Jul '11 Fed Funds    99.90         Unchanged 
   Aug '11 Fed Funds    99.88         Dn 0.5 basis point * 
   Nov '11 Fed Funds    99.835        Un 1 basis point 
   Jan '12 Fed Funds    99.805        Dn 2.5 basis points 
   Feb '12 Fed Funds    99.775        Dn 3.5 basis points 
   May '12 Fed Funds    99.70         Dn 5 basis points 
   Jul '12 Fed Funds    99.65         Dn 5 basis points 
   Sep '11 Eurodollars  99.60         Up 1.5 basis point 
   Dec '11 Eurodollars  99.495        Unchanged 
   Mar '12 Eurodollars  99.42         Dn 2 basis points 
   Jun '12 Eurodollars  99.305        Dn 5.5 basis points 
   Sep '12 Eurodollars  99.14         Dn 9 basis points 
   Dec '12 Eurodollars  98.935        Dn 12.5 basis points 
   Mar '13 Eurodollars  98.74         Dn 15 basis points 
   Jun '13 Eurodollars  98.525        Dn 16.5 basis points 
   Sep  10-Year Notes   123-10+       Dn 1 2+/32 
   Sep  Classic bonds   124-07        Dn 1 9/32 
   Sep  Ultra Bonds     127-08        Dn 1 2/32 

   * A basis point is equivalent to 1/100 of a percentage point.
広告

金利先物レポート:投資家たちはインフレとクレジットについて思い悩ませられる

トレーダーたちは月曜日には先週の末にギリシャがデフォルトするかもしれないということには心配がなかった、インターバンクで貸し渋りの可能性の恐れを減らした。

しかし投資家たちは近い将来でのきつめのクレジットの可能性について緊張感が残った。その証拠に月曜日の朝には期近ユーロダラー先物に絡んだ大口のオプションが取引されていた。

国内での出来事では、インフレへの不安が期先ユーロダラー先物と長期Treasury先物の価格に重荷となった。そして先物トレーダーたちは2012年中旬でFFレート引き上げの可能性の確立を取り去ってはいなかった。トレーダーたちは来年の6月末に最初の利上げの確立を1/5で見ている。金曜日の引けでは市場の確立は6%しかなかった。

月曜日に入札された$35Blnの2年債の需要は弱かった。

月曜日の朝に発表されたコアPCEは5月に前年比1.2%の上昇となり、4月の1.1%から伸びを見せていた。ヘッドラインのインフレは(食品とエネルギーを含む)前年比で2.5%上昇し、2010年1月以来の高い水準の伸びとなっていた。

月曜の朝のデータは置いておいて、先物価格はすでに高く引くく、リターンがかなり低いためため買い手の意欲を誘うのがかなり難しくなっている。

「ある時点で、低い利回りが問題になってくる」

ギリシャへがデフォルトを避けられるだろうという希望は、フランスの銀行が償還するギリシャ債の半分を再投資するという提案からだった。これは民間の投資家に財政援助パッケージに寄与することを勧めることが目標の計画である。

しかしギリシャ議会は今週末に議論の的になっている多額の予算削減の投票を予定していて、緊急援助のための条件となっている。投票結果への懸念が大口のユーロダラー先物のPUTオプションを引き起こした。近い将来に3ヶ月LIBORの上昇を予測している。ブローカーによると、月曜日の朝に3万枚のPUTスプレッドが目撃され、期近9月限ユーロダラー先物が99.50へ下落するのに保険をかけていた。これは7月15日のPUT最終取引日前に3ヶ月LIBORが0.5%以上に上昇すると換算される。この取引は9月限ユーロダラー先物価格が更に99.25以下に急落しすると最高の収益があがる、これは7月15日前に3ヶ月LIBORが0.75%になると換算される。

月曜日の引けに9月限ユーロダラー先物は2Bps高となり、3ヶ月LIBOR換算で0.415%で、金曜日の引けの0.435%から下がった。

この反面、FF先物のトレーダーたちはFOMCが2012年中旬にFFレートを引き上げ始める確立を取り除くことはしなかった。2012年7月限FF先物は、2012年6月末のFOMC会議の期待を観測し、0.5%の利上げの確立を20% 織り込んでいる。これは金曜日の引けの6%から増えていた。先週の木曜日にはこの同じ先物は日中で確立は0%だった。期先FF先物、これは薄商いではあるが、月曜日に2013年1月又は2012年12月にFOMCがFFレートを引き上げ始める確立を100%織り込んでいた。

CONTRACT              SETTLE         CHANGE 

   Jly '11 Fed Funds    99.90         Unchanged 
   Aug '11 Fed Funds    99.885        Up 0.5 basis point * 
   Nov '11 Fed Funds    99.845        Unchanged 
   Jan '12 Fed Funds    99.83         Unchanged 
   Feb '12 Fed Funds    99.81         Dn 0.5 basis point 
   May '12 Fed Funds    99.75         Dn 2.5 basis points 
   Jly '12 Fed Funds    99.70         Dn 3.5 basis points 
   Sep '11 Eurodollars  99.585        Up 2 basis points 
   Dec '11 Eurodollars  99.495        Up 0.5 basis point 
   Mar '12 Eurodollars  99.44         Dn 1 basis point 
   Jun '12 Eurodollars  99.36         Dn 3 basis points 
   Sep '12 Eurodollars  99.23         Dn 5 basis points 
   Dec '12 Eurodollars  99.06         Dn 6.5 basis points 
   Mar '13 Eurodollars  98.89         Dn 7.5 basis points 
   Jun '13 Eurodollars  98.69         Dn 7 basis points 
   Sep  10-Year Notes   124-13        Dn 10+/32 
   Sep  Classic bonds   125-16        Dn 1 3/32 
   Sep  Ultra Bonds     128-10        Dn 2 6/32 

   * A basis point is equivalent to 1/100th of a percentage point.

 

 

金利先物レポート:貸し渋りの恐れに備え大きなオプション取引を引き起こさせた

米国金利先物のトレーダーたちは週末前に最悪のシナリオに備えいていた。金曜日の取引でインターバンクでの貸し渋りからの保険として異例な大きいオプション取引が見られた。

来週のもう一段の巨額の予算削減がギリシャぎかいで承諾されるかどうか投資家の中では確かではなく緊迫感の高まりが残った。もし緊縮政策が通過しなければ、ギリシャはデフォルトを避けるために必要な国際ローンを得ることができなくなる。

負債危機はギリシャだけに孤立しておらず、Moody’sは木曜日の午後遅くにイタリアの16銀行を格下げするかもしれないといっていた。

トレーダーたちはインターバンクの貸付金利が上昇し銀行は不良国債へのエクスポージャーを制限するためにクレジットを引き締めてくるだろうと見ている。

金曜日に見られた巨大なオプション取引はPUTスプレッドで最高8万枚が取引された。3ヶ月ドルLIBORの急上昇を予測し、収益を上げ、保険とすることが目的であった。ブローカーによるともし期近9月限ユーロダラー先物が98.50へ急落したら保証を受け、インプライドのLIBORが9月19日までにで1.5%超えてくる。最高の収益はもし9月限ユーロダラーが98.50以下に急落すると得られインプライドLIBORは1.625%を上回ってくる。金曜日の引けに9月限ユーロダラー先物は4Bps下落99.565で0.435%のLIBOR予測となった。

木曜日に9月限先物は3ヶ月LIBOR0.395%を見ていた。

全体的に投資家たちは金曜日にリスクオフの基調が強く、株価の下落が物語っていた。

「グローバルでの不安が多すぎる」

弱い株式は比較的安全な米国際に連動する先物の需要を増強させる。それでも米国は自己の財政問題を抱えて戸惑っているが。

期先ユーロダラー先物は高く、2013年セクターは最高で5.5Bps高となった。

長期Treasury先物は過去最高値をつけ木曜日の高値を更新した。

9月限10年先物価格は124-30をつけ、Cash利回り換算では2.875%となる。

負債危機不安定なユーロ通貨諸国はより強いグローバル経済回復を妨げる大きな妨害であると考えられている。

国内では、FRB議長Bernankeが水曜日に米国回復は予測していたより遅いペースで進行しているとか認めていた。

この結果、FF先物は今週に2012年の中旬のFFレート初期引き上げをほとんど除外してしまった。

金曜日に2012年7月限、2012年6月末FOMC会議の期待を測定は0.5%のFFレート引き上げをわずか6%の確立に下げてしまった。これは木曜日からは変わらずで5月の雇用統計5万4千人増加が発表される前の50%からかなり減少した。期先FF先物は薄商いではあるが最初の利上げは来年の12月を見ている。

CONTRACT              SETTLE         CHANGE 

   Jul '11 Fed Funds    99.90         Unchanged 
   Aug '11 Fed Funds    99.88         Unchanged 
   Nov '11 Fed Funds    99.845        Unchanged 
   Jan '12 Fed Funds    99.83         Unchanged 
   Feb '12 Fed Funds    99.815        Unchanged 
   May '12 Fed Funds    99.775        Unchanged 
   Jul '12 Fed Funds    99.735        Unchanged 
   Sep '11 Eurodollars  99.565        Dn 4 basis points * 
   Dec '11 Eurodollars  99.49         Dn 4.5 basis points 
   Mar '12 Eurodollars  99.45         Dn 4 basis points 
   Jun '12 Eurodollars  99.39         Dn 3 basis points 
   Sep '12 Eurodollars  99.28         Dn 1 basis point 
   Dec '12 Eurodollars  99.125        Up 1.5 basis point 
   Mar '13 Eurodollars  98.965        Up 3.5 basis points 
   Jun '13 Eurodollars  98.76         Up 4.5 basis points 
   Sep  10-Year Notes   124-23+       Up 12+/32 
   Sep  Classic bonds   126-19        Up 5/32 
   Sep  Ultra Bonds     130-16        Dn 11/32 

   * A basis point is equivalent to 1/100 of a percentage point.
J.P

Buy

80000

Sep 83-85 P >

CAB

貿易収支のデータは年末の経済成長の上方修正に影響する

12月の貿易赤字は拡大した。しかし商務省の統計員たちが第4四半期のGDPの数字を推定したときより少なめであった。この結果、第4四半期の成長は上方修正されることになる。

GDPの速報値が先月発表された時に貿易赤字は12月に$38.3Blnから$43Blnに拡大するだろう予測していた。今日の発表された数字では予測していたより若干少なめの$40.6Blnの赤字となった。ということは、統計員が思っていたより米国が自国でより多く消費しより多くしていたためより強い経済成長を暗示する。

どれくらい?大ざっぱに言えば、貿易赤字が$1Bln収縮するごとに、GDPはおよそ0.1%上昇する。よってすべて他が変わらなければ(それはかならずないが)GDPは第4四半期に発表されている3.2%ではなく年率3.3%又は3.4%成長に上方修正される可能性がある。

金には良い話?Weber,ECBのタカ派はやめるかもしれない。

WSJによると、ECBのすごくタカ派のAxel Weber氏が現在のECB議長Jean-Claude Trichetの後任としての出馬することをやめるかもしれないと報道している。Trichet議長の任期は10月に終了する。

Weber氏は、ドイツBundesbankの所長、金融システムと経済を強化させることを助けるためにECBによって取られた特別の対策のいくつかを大きく批判した。多くは、彼がドイツ式をECBに取り入れてくるだろうと信じていた、ほとんど他のすべてを除いてインフレの議題に熱心に集中する。

インフレがECBの2%のターゲットを上回っている事で、これは金利引き上げが意外に早く起こるという意味合いである。この考えが直近のユーロ通貨の堅調さを補強している。

Weber氏のこの場面からの可能性ある脱出のニュースがユーロを大きく下げたが、それは高官たちがWeber氏の脱出にまつわるうわさが否定されユーロが回復した。金は3週間高値近くに止まっている。

もしWeber氏がやめることになると、予想は、よりフランス式議長がECBを仕切ることになる。ということはインフレと金利への取り組みがよりやわらかくなるだろうと見ている。

そして中央銀行がよりやわらかくなると、金価格は急上昇する傾向がある。

Ciscoの決算発表前に

Ciscoの決算が水曜日の引け後に発表される。

投資家に好まれる株式に戻るために、Ciscoは水曜日にCEOのJohn Chambersが11月に言った、Ciscoは打撃を受け始めてきたという空洞域を上回ってきていることを見せなければいけない。これらには米国内から米国州政府での売り上げの軟調、生ぬるい欧州経済環境、セットトップボックス◆テレビに接続してインターネットなど双方向通信サービスの利用を可能にする家庭用通信端末でのマーケットシェアの減少が含まれる。

FRBのフォーキャストは2010年にはかなり正確だった

中央銀行は彼らのフォーキャスト能力において非難を受けている(特に2008年のグローバル金融危機の時などにおいて)、しかしFRBの2010年経済予測は驚くほどよかった。

昨年の1月のFOMC会議でFRB理事とFRB総裁たちから”central tendency”(中心傾向)の予測が、失業率は平均9.5%~9.7%。GDPは2.8%~3.5%、PCEは1.4%~1.7%、コアPCEが1.1%~1.7%と発表した。

よってこの”central tendency”(中心傾向)の中央を取ると:

失業率:9.6% GDP:3.15% PCE:1.55% PCEコア:1.4%

これは2010年の実際の数字と比べると

失業率:9.6% GDP:2.8% PCE:1.2% PCEコア:0.8%

他の多くのエコノミストと比べるとこれはかなりよい推定だったと言える。これを今日のWSJのエコノミスト格付けに入れると(FFレートを除く)55人中9位に入る。