Wall Streetは又もう一つの金融商品の崩壊をしようとしている(生命保険)

NY Timesから:

昨年にモーゲージ・ビジネスが崩壊した後、Wall Streetの投資銀行はもう一つの大きなアイデアを探し始めていた。

銀行が“life settlements”(生命保険)を購入する計画で、年寄りや病気持ちの人たちがに生命保険契約を現金で売る-$1Mlnの契約を$400,000で、契約者の寿命にもよるが。それからこれらの契約を、Wall Streetllの専門用語である証券化する計画である、それら何百、何千をパッケージ化し債券に変える。それからそれらの債券を投資家に売却する、おおて年金ファンドのようなところ、その投資家は保険を保持している契約者が死ぬと払い戻しを受ける。

契約保持者は早期死亡すると、払い戻し額が多くなる。-もし予測していたより長く生き延びれば、投資家の払い戻しは減り、損失を出す可能性もある。

どちらにしても、Wall Streetはその債券を作成し、転売し、その後それらを取引することで巨額の手数料を手に入れ収益を上げることになる。

この考案はまだ計画過程であるが『われわれの電話は問い合わせで電話がなりっぱなしである。』とDBRSのVP Kathleen Tillwitz女史は言う。DBRSでは投資にリスク格付けをし、Credit Suisseを含む金融会社と民間の投資家からの生命保険証券化の9つの提案を再調査している。

『私たちは最初のオッファー後に群れの殺到を望んでいる』と一人の投資銀行員は言っている。

広告